対話型アクティブラーニングの論文発表まとめ

Www pakutaso

こんにちは。小田島です

この記事では、岩手大学と共同研究している「対話型アクティブラーニング」の論文発表についてのまとめです

発表論文

2019年3月(予定)

「対話型アクティブラーニング+ICTが、高校数学科授業の概念形成に及ぼす効果」

2018年3月

「対話型アクティブラーニングの教育的効果」(日本数学学会)

2017年3月

「対話型アクティブラーニングがもたらす高校数学科授業における教育的効果」()

「高等学校の数学における「対話型アクティブラーニング」授業の効果:生徒の授業アンケートから」(岩手大学紀要論文)

※全ての論文は、中村好則、佐々木全、小田島新の共著論文となっております