令和元年度・岩手大学参観公開授業のお知らせ

令和元年度の岩手大学参観公開授業(共著論文用)の日程が決まりましたので、お知らせします

毎年、授業参観いただき、分析、そして、論文執筆をしていただいている岩手大学の中村好則准教授、佐々木全准教授には心からお礼申し上げます

10月23日(水)13:10〜14:00・公開授業(2年理系)

今年度は、10月23日の5時間目に2年理系で公開授業を行います

学年4クラスで、3,4組の中で理系コースを選んでいる生徒が対象で、52名というちょっと多い人数で授業していますが、このクラスで公開しますので、お時間のある方、興味のある方、ぜひ大船渡高校までお越しいただければと思います

内容は、「ジグソー法を用いた、対話的で深い学びを目指す数学科授業」

今回、公開授業では初めてジグソー法を取り入れて行います

当然、やったことないので、他クラス等でジグソー法をやってみてのチャレンジとなりますが、ジグソー法と言えば、本校には梨子田先生という強力な先生がいらっしゃいますので、色々ご指導いただきながらやっていきたいと思います

すでに構想はできあがっておりまして、後はやるだけ、みたいになってます

詳細は、当日の「指導案代わり」の「授業説明プリント」にて、説明させていただきます

僕の授業は、岩手大学との共同研究で、タイトル的には「対話型アクティブラーニング」と名前が付いていますが、今までは、「教員と生徒の対話」という意味でした。一斉講義型のスタイルでも、対話的要素を取り入れることにより、生徒はアクティブに学ぶことが出来る、的な感じでやってきましたが、Facebookをご覧の方はおわかりの通り、この1年半で僕の授業は劇的に変わっています

あまりに変わりすぎて、以前僕の授業をご覧になった方は「なんじゃこりゃ?」とビックリするレベルで変わっている感じです

それくらい、大船渡高校での「出会い」による学び、気付き、そして、実践と、素晴らしい環境が僕を大きく変えてくれました

しばらく色々試行錯誤しながらやっておりましたが、ある程度形は見えてきたので、その形をさらに進化すべく、今回はジグソー法という授業法で、「生徒同士の対話」を増やしながら、よりアクティブな授業を展開できればと思っております

参観希望の方

10月23日(水)の13:10から、大船渡高校に来れる!見たい!という方は(なかなかいないと思いますが・・・)、基本的に「参観依頼文書」を本校校長宛にメール、または郵送で出していただく形になります

何かございましたら、Facebookで友達申請+一言Messageいただきまして、友達になった後に、Messengerで細かく打ち合わせさせていただければと思います

毎年、参観に来られる方は、学校種、教科、様々ですので、数学科じゃなくても、高校勤務じゃなくても大丈夫ですが、一応、参観依頼文書を出していただく、ということでよろしくお願いします

その辺の細かい質問につきましても、Messengerで受けたいと思いますので、Facebookの方で友達申請+一言Messageお願いします(友達申請だけの場合、申請を削除する場合が多々ありますので、「10月23日参観希望です」と一言メッセージを付けてください)

YouTube等にアップしなければ、動画撮影も基本的に今までOKとしておりましたので(生徒の顔を出した状態で、保護者の許可を取らないままネットにアップできないため)、そちらもお気軽にお問い合わせください

では、10月23日(水)、大船渡高校でお会いしましょう!

(泊まりで参加の場合、懇親会も考えておりますので、ぜひどうぞ!)